投稿

弊社がアフリカ事業を支援させて頂いている株式会社 川西水道機器 様が「ケニア国水道施設における無収水対策・管継手導入にかかる案件化調査」の実施に係る契約をJICAと締結されました。

2021年6月末、弊社がアフリカ展開戦略の立案から一貫して支援させて頂いている株式会社 川西水道機器 様(本社:香川県綾川町)が独立行政法人 国際協力機構(JICA)と「ケニア国 水道施設における無収水対策・管継手導入にかかる案件化調査」の実施に係る契約を締結されました。

本調査は、同社が2019年12月から2020年8月にかけて実施し、コロナ禍の中で現地調査とリモート調査を駆使して無事に契約期間内に完了させた「ケニア国 水道施設における無収水対策に係る基礎調査」に引き続いて実施される調査であり、同社の製品を活用したパイロット・プロジェクトの事業内容を策定することを目的としています。弊社は基礎調査に引き続き、外部コンサルタントとして本調査の実施支援をお任せ頂きました。

現在、ケニア国を含むアフリカ各国は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、日本人が現地に渡航して調査を実施することが非常に困難な状況です。しかしながら、同社は契約締結後わずか数日で現地調査員を雇用され、既に香川県からリモートで調査を開始されています。

JCCP Mは株式会社 川西水道機器 様のアフリカ事業を引き続き積極的に支援して参ります。

一般財団法人 日本ITU協会の雑誌「ITUジャーナル(2021年2月号)」に「アフリカ市場の動向とビジネス環境」を寄稿

JCCP Mは一般財団法人 日本ITU協会からのご依頼により、同協会発行の雑誌「ITUジャーナル(2021年2月号)」に「アフリカ市場の動向とビジネス環境」を寄稿させて頂きました。本稿は、昨年9月29日に同協会主催で開催された「情報通信研究会」において、JCCP Mが講演させて頂いた内容を取りまとめたものです。

アフリカ市場の動向とビジネス環境(ITUジャーナル 2021年2月号)

なお、一般財団法人 日本ITU協会は、世界最古(1865年発足)の国際機関といわれている「国際電気通信連合(International Telecommunication Union:ITU)」や「アジア・太平洋電気通信共同体(Asia-Pacific Telecommunity:APT)」の諸活動に関連し、日本と世界とを結ぶ役割を担うために1971年に設立された団体です。JCCP Mは一般財団法人 日本ITU協会の活動に賛同し、同協会の発展に積極的に貢献していきます。

アフリカ市場に関する詳細はコチラまでお問い合わせ下さい。

モロッコに現地代理店を設置しました。

2021年1月、JCCP Mはモロッコのカサブランカでビジネスコンサルティングを行っているMorocco & Japan Business社(CEOはMr. Omar AMNI)と現地代理店にかかる業務提携を締結し、モロッコに進出されたい日本企業の皆さまのバックアップ体制を充実させました。モロッコでのビジネスにご興味のある方は、JCCP Mまで遠慮なくお問い合わせ下さい。