第7回アフリカ開発会議パートナー事業 SDGsビジネスセミナー 
『アフリカビジネスとSDGs』
 
『わが社もそろそろSDGsについて考えなければ。』『SDGs達成への貢献をアピールできるような事業を検討してくれ。』
このような声が、皆さまの会社でもあげられているのではないでしょうか。2015年9月に国連で採択された「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)」は、最近になって急速に関心が高まり、ビジネスの場でも耳にする機会が増えています。
SDGsに関しては既に官民一体の取り組みが始まっており、日本政府からは「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」の設置(2016年)、「SDGsアクションプラン2018」(2018年)の発表がありました。これを受けて経団連でも「企業行動憲章」を改訂し、会員企業に対して自主的な実践を求めています。その結果、大企業はもとより、中堅・中小企業、更には地方自治体でもSDGs達成への貢献を言及するようになり、SDGsというキーワードが大きなムーブメントとなりつつあります。
一方、今年は8月28日から30日にかけて、横浜市で第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が開催されます。アフリカは世界的に見てもSDGs達成への進捗が最も遅れた地域です。TICAD7でもSDGsは社会課題の解決に向けたキーワードとして扱われており、アフリカでのビジネスを考える上で、SDGsへの貢献は大きなヒントになります。このような中、自動車のリサイクル業を事業の柱とする会宝産業は、成長著しいアフリカ市場にいち早く着目し、SDGsの視点を経営理念の柱に据え、持続可能な社会の実現に貢献する事業をアフリカで展開しています。
当セミナーでは「アフリカビジネスとSDGs」をキーワードに、独立行政法人 国際協力機構(JICA)、及び会宝産業から講師を招き、皆さまの以下のような問いに答えることを目的としています。
  ・TICAD7の成果とSDGsに関する最近の動向は?
  ・アフリカにはどのようなSDGsに関するニーズがあるのか?
  ・先進的な企業はアフリカでどのようなSDGsビジネスを行っているのか?
  ・アフリカでSDGsビジネスを開始するには、どのような方法があるのか?
 
日時 2019年9月18日(水)受付/14:30~  セミナー/15:00~17:00  レセプション/17:00~18:00  
  会場  TKPガーデンシティ渋谷 セミナー/ホールB レセプション/カンファレンスルームC (アクセスはコチラ  
  内容
 15:00~15:10 1.ご挨拶-アフリカの現状
 (JCCP M株式会社 Samuel Imanishimwe)
 15:10~15:50 2.TICAD7の成果とSDGsの潮流、JICAによる民間連携事業
 (独立行政法人国際協力機構 民間連携事業部 計画・連携企画課長 久保 英士) 
 15:50~16:15 3.アフリカのSDGsニーズと企業活動
 (JCCP M株式会社 マネージャー 杉野 晋介)
 16:15~16:45 4.事例:会宝産業のアフリカ市場への挑戦とSDGsへの取り組み
 (会宝産業株式会社 専務取締役/海外事業部 統括責任者 馬地 克哉)
 16:45~17:00 5.アフリカビジネスの取り組み方法
 (JCCP M株式会社 代表取締役 堺 夏七子)
 17:00~18:00 6.レセプション(名刺交換会) 軽食とお飲み物をご用意いたします
 (登壇者、および参加企業)
※メディアの取材が入る可能性があります。ご了承ください。
 
  定員  70名  
  参加費 2,000円  
  お申込み Webサイトでのお申込み : Web申込みフォーム(コチラ)にご記入をお願いします 
メールでのお申込み : info@jccpm.co.jp まで、お名前、貴社名、お電話番号、メールアドレスをご連絡ください
FAXでのお申込み : 案内書(PDF)の参加申込書欄にご記入の上、03-5297-7582まで送付ください
 
  登壇者
プロフィール
久保 英士(くぼ えいじ)  独立行政法人国際協力機構 民間連携事業部 計画・連携企画課長 
東京大学卒、ミシガン大学公共政策大学院修了。中小企業診断士。1996年、国際協力事業団(JICA)入団。在イスラエル日本大使館出向、総務部、産業開発部、パレスチナ事務所、国内事業部(中小企業海外展開支援担当)等を経て、2017年7月より現職にてSDGsビジネス支援を担当。
■馬地 克哉(ばじ かつや) 会宝産業株式会社 専務取締役/海外事業部 統括責任者
中央大学経済学部卒業後、銀行勤務を経て、2000年会宝産業株式会社入社。2003年、専務取締役就任。自動車リサイクルを通じて資源の再利用・再資源化を促し、循環型社会の実現に向けた活動を行う同社で海外事業の責任者として世界を駆けまわっている。
■杉野 晋介(すぎの しんすけ) JCCP M株式会社 マネージャー
大卒後、海外で多くのODA事業を手掛けている株式会社日さくに入社、1993年から主にアフリカで水道プロジェクトの新規開発や管理に従事。モロッコ国JICA専門家、アフガニスタン国JICA専門家、開発コンサルタント会社勤務を経て、2018年4月より現職。拓殖大学大学院国際協力学研究科修了、博士(安全保障)。
 
   案内書 PDF版の案内書はコチラよりダウンロードください  
   お問合せ メール : info@jccpm.co.jp
お電話 : 03-5256-7563 (担当 杉野、堺)
 
       

■ 過去のセミナー(PDF形式)

>HOME  >plivacy policy